HOME - 協会概要 - 協会沿革

協会概要

昭和22年12月 日本助産婦・看護婦・保健婦協会熊本県支部
昭和26年4月 日本看護協会に名称変更
昭和58年7月 日本看護協会熊本支部設立
昭和59年3月 社団法人熊本県看護協会設立
昭和59年7月 城北・城南・天草・熊本(熊本東・熊本西)4地区支部設置
昭和62年4月 熊本県よりナースバンク事業の委託を受ける
昭和62年7月 熊本南地区支部設立
昭和63年3月 熊本県看護研修センター落成
平成2年5月 無料職業紹介所開設
平成4年11月 ナースバンクがナースセンターに名称改めナースセンター開設
平成5年7月 組織が社団法人熊本県看護協会に一本化される。熊本北支部設置
平成7年7月 熊本県看護協会訪問看護ステーションくまもと開設
平成10年6月 有明支部・宇土支部を設置。県内14支部となる
平成10年7月 熊本県看護協会訪問看護ステーションながす開設
平成12年4月 居宅介護支援事業所くまもと・ながす開設
平成13年11月 熊本県看護協会専用駐車場竣工
平成14年7月 保助看法の一部改正に伴い「保健婦(士)・助産婦(士)・看護婦(士)・准看護婦(士)」を「保健師・助産師・看護師・准看護師」に改めた
平成16年6月 熊本北支部の廃止。13支部となる
平成25年4月 公益社団法人へ移行