追加受付「子どもの虐待防止を考えるシンポジウム」11月27日 パレア のご案内

  • 2021.11.08
  • 他団体からのお知らせ

 標記シンポジウムについて、県から、11月25日(木)まで追加受付可能なので、会員の皆様のご参加をお願いしますとの依頼がありました。

 標記について、熊本県から下記のとおりご案内がありました。
 会員の皆様のご参加をよろしくお願いします(事前申込が必要)

                記

 子どもへの虐待に関する相談対応件数は毎年過去最高を更新しており、令和2年4月には、たとえしつけであっても親が子どもに体罰を与えることは法律で禁止されることとなりました。子どもへの虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題であり、虐待の発生予防、早期発見、早期対応はもとより、虐待を受けた子どもの自立に至るまで、切れ目のない総合的な支援が必要となっています。
 毎年11月は「児童虐待防止月間」です。熊本県においても、いろいろな取組を実施していますが、皆さんが「児童虐待問題」に関する理解をより一層深め、関わりを持っていただく機会とするためにシンポジウムを開催します。


日時

令和3年(2021年)11月27日(土曜日) 13時30分から16時15分

場所

くまもと県民交流館パレア パレアホール(熊本市中央区手取本町8-9)
※公共交通機関でお越しください。

内容

◆講演会◆ ※手話通訳・要約筆記あり
 演題:「虐待の防波堤はみんな博多・中洲で教わった ~3年間の夜間保育園取材より~」
 講師:ノンフィクションライター 三宅 玲子氏
     著書「真夜中の陽だまり」において、福岡市の博多・中洲の歓楽街に近い認可夜間保育所に通
    う親子や保育士たちを約3年間にわたり取材され、支援が必要な親を見守り、支える人や環境が
    があることが、児童虐待防止につながっていくと描かれました。
     その取材を通して、支援を必要とする人とのかかわり方のヒントをお話しいただきます。

◆質疑応答など◆

参加申し込み

先着200名
申込締切:11月19日(金曜日)まで → 11月25日(木)まで追加受付
※託児は、1歳から就学前の幼児対象(定員あり)
  希望される方は、11月10日(水曜日)までにお申し込みください。

<1> URLからの申込
<2> 電話による申込
 096-333-2228 子ども家庭福祉課子ども福祉班へ(平日 8時30分から午後5時15分まで)

その他

  詳しくは、県ホームページ(ここをクリック)をご覧ください。 

  • 看護職員無料職業紹介所 熊本県ナースセンター
  • 公益社団法人日本看護協会 インターネット配信研修
  • 公益社団法人日本看護協会
  • 看護協会 キャリナース 会員専用ページ
  • 日本看護協会出版会
  • 看護職賠償責任保険制度
  • ナースセンター紹介ムービー
  • 移住・定住に役立つ市町村情報とくまも暮らしの魅力を発信 熊本県移住・定住ポータルサイト
↑
Copyright © 2018-2021 KUMAMOTO NURSING ASSOCIATION. All Rights Reserved.