災害看護

お知らせ

地震や風水害などの自然災害が多発する昨今、生命や健康の被害を少なくするために、被災地域の支援活動を行うことが看護職に期待されています。熊本県看護協会は、熊本県内及び熊本県外に災害が発生した場合、公益社団法人日本看護協会との協定に基づき支援活動を行います。県内においては、熊本県と交わした「大規模災害時における災害支援活動に関する協定」に基づき、熊本県看護協会各支部、他の関係機関と連携・協力し、支援活動を行います。
 この度、熊本地震での対応を振り返りながら「災害看護支援要綱」「災害看護マニュアル(ポケット版)」を改訂し、ホームページ上で掲載することに致しましたのでご活用下さい。又、皆様からご意見を頂きながら改定を続けてまいりますので、是非、ご意見をお寄せ下さい。
(熊本県看護協会 会長 嶋田 晶子)

災害支援ナース派遣の仕組み

日本看護協会「災害看護」 災害支援ナースの仕組みを参照↓↓
http://www.nurse.or.jp/nursing/practice/saigai/index.html

災害支援ナース

1.災害支援ナースとは

災害時支援ネットワークに基づき、都道府県看護協会に登録し、看護職能団体の一員として被災地に派遣される看護職である。災害時の看護支援活動は、自己完結型を基本としています。

2. 災害支援ナースの役割

1)被災者が健康レベルを維持できるように適切な看護を提供する
2)被災した看護職の心身の負担を軽減し、支えるように努める

3.活動場所

原則として被災した医療機関、社会福祉施設、避難所、福祉避難所

4.派遣期間

3泊4日を上限する

5.災害支援ナースの要件

1)熊本県看護協会会員
2)保健師・助産師・看護師としての実務経験5年以上
3)災害看護養成研修(基礎編および実務編)の修了者
4)施設長(所属長)の承諾があること
5)看護職賠償責任保険に加入していること

災害看護研修

1)養成研修(基礎編二日間 + 実務編一日)→ 登録申請
  対象者:災害支援ナースとしての登録を目指す会員
2)育成研修Ⅰ・Ⅱ
  対象者:災害支援ナース、または養成研修を修了し、登録を検討している会員
3)フォローアップ研修 
  対象者:災害支援ナースが役割を果たせるように、知識・技術の再確認を行う
   ※ 2年に1回の受講が望ましい
4)その他 災害看護トピックス編・管理者編
   ※ 詳細については、各年度の熊本県看護協会研修計画を参照のこと。

募集・登録方法・登録状況

1)募集

*災害支援ナースの要件を満たしていれば、随時受け付ける

2)登録

【登録申請 (新規)】

【熊様式1 】「災害支援ナース登録申請書」に必要事項を記入し、登録証用の写真を添えて郵送で申請する
 ※研修時にも受け付ける
 ※申請書は「関連資料」からダウンロード可
 ※当年度分は、12月まで受け付ける

【登録証の発行】

登録者には、熊本県看護協会より【熊様式 2 】「災害支援ナース登録証」を交付し、【熊様式4-1・熊様式4-2 】「災害支援ナース登録のお知らせ」を施設長と本人へ送付する

【登録有効期間】

登録日から翌々年度3月31日まで
例)平成24年4月1日~平成27年3月31日(3年間)
  平成25年2月1日~平成27年3月31日(2年2か月)

登録は熊本県看護協会が随時受け付けるが、登録証の発行は12月と翌年4月とする
所属施設がある場合は、必ず施設長(所属長)の承認を受けた上で登録する
登録継続の確認
  熊本県看護協会事務局は、年度末に施設長を通じて、登録者全員の意志確認を行う
登録有効期間は事業年度を単位に最長3年間とし、有効期間が終了する1~2ヶ月月前に
 登録継続の意思確認を熊本県看護協会が行う。

3)災害支援ナース登録状況(支部別)

 

関連資料

  • 看護職員無料職業紹介所 熊本県ナースセンター
  • 公益社団法人日本看護協会 インターネット配信研修
  • 公益社団法人日本看護協会
  • 看護協会 キャリナース 会員専用ページ
↑
Copyright © 2018 KUMAMOTO NURSING ASSOCIATION. All Rights Reserved.