Q&A よくある質問と回答

6. 医療保険(訪問看護療養費)

16【在宅がん医療総合診療料を算定している場合の訪問看護について】
 医療機関が在宅がん医療総合診療料を算定している利用者に訪問看護を実施していた。     
①死亡日に家族より連絡があり訪問したが、すでに主治医が死亡確認された後の訪問となったため、この週は訪問看護を実施していない。在宅がん医療総合診療料の算定要件を満たしていない週になるが、ターミナルケアの要件は満たしているので、ターミナルケア療養費を請求できるか。
②医療機関に24時間対応体制加算を請求しているが、別に訪問看護ステーションでも24時間対応体制加算を算定できるのか。 
③請求はどうなるか。

①ターミナルケア療養費として在宅がん医療総合診療料を算定している医療機関に請求できる。
②算定できない。
③患者の訪問看護、往診等に係る費用は在宅がん医療総合診療料を算定している医療機関が一括して請求することになっている。訪問看護に要した費用は、利用者負担を含めて医療機関に請求する。
(平成30年4月版 訪問看護業務の手引  H30.8)

カテゴリーに戻る

↑
Copyright © 2018-2020 KUMAMOTO NURSING ASSOCIATION. All Rights Reserved.