適用保険チェック


        




※1 第2号被保険者の特定疾病

●がん (医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限ります。) 【がん末期】
●関節リウマチ
●骨折を伴う骨粗鬆症
●脊柱管狭窄症
●閉塞性動脈硬化症
●早老症【ウェルナー症候群等】
●脳血管疾患【脳出血、脳梗塞等】
●初老期における認知症【アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体病等】
●糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
●両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
●慢性閉塞性肺疾患【肺疾患、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎】
●筋萎縮性側索硬化症
●後縦靱帯骨化症
●脊髄小脳変性症
●進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病【パーキンソン病関連疾患】
● 多系統萎縮症 【線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳萎縮症】

トップに戻る

※2 厚生労働大臣が定める疾病等

●末期の悪性腫瘍
●進行性筋ジストロフィー症
●亜急性硬化性全脳炎
●後天性免疫不全症候群
●頚髄損傷
●人工呼吸器を使用している状態
●多発性硬化症
●重症筋無力症
●スモン
●筋萎縮性側索硬化症
●脊髄小脳変性症
●ハンチントン病
●プリオン病
●多系統萎縮症(綿条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群)
●進行性核上性麻痺
●大脳皮質基底核変性症
●パーキンソン病<ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がII度またはIII度のものに限る>)
●ライゾーム病
●副腎白質ジストロフィー
●脊髄性筋萎縮症
●球脊髄性筋萎縮症
●慢性炎症性脱髄性多発神経炎

平成26年度改正 精神科訪問看護

精神科専門医から「精神科訪問看護指示書」が交付され、要件を満たした看護師等が厚生労働省への届出がされている場合、精神科訪問看護療養費の算定となる。ただし、認知症は介護保険となる。

精神科訪問看護等の要件

① 精神科を標榜する保健医療機関において、精神病棟又は精神科外来に勤務した経験を1年以上有する者
② 精神疾患を有する者に対する訪問看護の経験を1年以上有する者
③ 精神保健福祉センター又は保健所等における精神保健に関する業務の経験を1年以上有する者
④ 専門機関等が主催する精神訪問看護に関する知識・技術の習得を目的とした研修20時間以上の研修を修了している者、研修は以下の内容を含むものである。
 ア 精神疾患を有する者に関するアセスメント
 イ 病状悪化の早期発見、危機介入
 ウ 精神科薬物療法に関する援助
 エ 医療継続の支援
 オ 利用者と信頼関係構築、対人関係の援助
 カ 日常生活の援助
 キ 他職種との連携

トップに戻る

↑
Copyright © 2018 KUMAMOTO NURSING ASSOCIATION. All Rights Reserved.