Q&A よくある質問と回答

5. 介護保険(介護給付費)

7【特別管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)の算定について】
 ①膀胱留置カテーテル、胃チューブ留置(経鼻、胃ろう)をしている者は、特別管理加算(Ⅰ)
  を算定できるか。
  ②ポートで輸液を行っている者は、特別管理加算(Ⅰ)を算定できるか。
  ③ストーマを造設し、カテーテルで排泄している者は、(Ⅰ)(Ⅱ)のどちらか。
  ④人工肛門・膀胱ろうなどパウチを使用している者は、(Ⅰ)(Ⅱ)のどちらか。

 計画的な管理を行った場合、①②③は特別管理加算(Ⅰ)を、④は特別管理加算(Ⅱ)を算定できる。

*特別管理加算は、特別な管理を要する利用者「別に厚生労働大臣が定める状態(94号(利用者等告示)の六  及び七)にある者」に対して計画的な管理を行った場合に算定し、利用者の状態によって、特別管理加算(Ⅰ) と(Ⅱ)に分類される。

  (令和3年4月版 訪問看護業務の手引 , 2021年版 訪問看護関連報酬・請求ガイド)

カテゴリーに戻る

↑
Copyright © 2018-2021 KUMAMOTO NURSING ASSOCIATION. All Rights Reserved.