Q&A よくある質問と回答

9. 公費負担医療制度に関する事項

2【原爆被爆者手帳所持者への訪問看護について】
①被爆者手帳を交付されている場合、利用者負担はどうなるのか。
②事業所としての届け出を行っていない場合の訪問ができるか。

①一般疾病医療としての訪問看護では、介護保険、医療保険での自己負担が公費となり、利用者負担はない。 ②訪問できる。但し、利用者負担が必要になるので、被爆者の訪問看護を行う場合は「被爆者援護法第19条に規定する被爆者一般疾病医療機関」として都道府県に早急な届出を行う必要がある。
事業所指定の届出をしていない事業所が、月の初日に訪問を開始しても同月に事業所指定の届出を行えば、事業所は1日に遡り、被爆者の一般疾病医療の請求ができる。
(平30年4月版 訪問看護業務の手引   H30.8)

カテゴリーに戻る

↑
Copyright © 2018 KUMAMOTO NURSING ASSOCIATION. All Rights Reserved.